Googleウェブサイト翻訳ツールの代替javascript

多言語のWEBサイト(ホームページ)を自動翻訳(機械翻訳)するGoogleウェブサイト翻訳ツールの代替をJSで自作する

Languages

spoke for web media

訪日インバウンド事業者向けに国内ブロガーを起用した多言語WEBメディア構築サービスSpoke for Webメディアの提供を開始。コンテンツ制作費と翻訳費を抑えて永続的な集客を可能に

株式会社huddle(代表取締役:川又敦、本社:茨城県神栖市、略記:huddle)は、訪日インバウンド(訪日外国人)向け事業者、越境EC事業者、日本版DMOに向けて、多言語でのWEBメディアを構築できる「Spoke for Webメディア」の提供を2019年3月16日から開始します。

WordPressで多言語対応しているテーマ(Theme)を探す方法

無料も多数!WordPressで多言語対応しているテーマ(Theme)を探す方法

2019年現在、WordPressにDefaultでインストールされているTwenty Nineteenなどのテーマは、世界中で利用されることを前提に作られてるため、完全に多言語対応(国際化)されています。そのためTwenty Nineteenをそのまま利用すれば、多言語対応に問題はおきません。しかし、そのシンプル過ぎるデザインをそのまま利用することは少ないでしょう。

機械翻訳を多言語WEBサイト(ホームページ)で使ってはいけない理由

機械翻訳(自動翻訳)を多言語WEBサイト(ホームページ)で使ってはいけない理由

多言語WEBサイト(ホームページ)を制作する際、自社で翻訳できる人材がいればいいのですが、なかなかそのような人材を確保すること難しいのが現実ではないでしょうか?外部に翻訳を依頼する場合も、予算的な問題から機械翻訳も検討されると思います。しかし、この機械翻訳は、誤った形で利用すると、致命的な失敗になりかねませんのでこれらを説明したいと思います。

ウェブサイト翻訳ツール - Google 翻訳 - Google Translate

【代替有】WEBサイトを多言語化するGoogleウェブサイト翻訳ツールが終了

WEBサイトを簡単に多言語化できるGoogleウェブサイト翻訳ツールが新規ユーザへの機能提供を停止しました。その代替ツールを3つご紹介しています。

no image

【2019年】WEBサイト(ホームページ)の多言語対応に!茨城県外国人観光客受入環境整備補助金

茨城県では、外国人観光客の受入環境の充実を図るため、ホテルや旅館など観光施設を対象に、外国語表記の整備、外国人観光客 受入向上の た めの施設整備、Wi-Fi環 境の整備、タブレット端末の整備の経費を補助する外国人観光客受入環境整備補助金を交付します。

多言語サイトのSEO

多言語WEBサイト(ホームページ)の海外向けSEOに最適なURLとは?

多言語のWEBサイト(ホームページ)に最適なURLとはどのような構造でしょうか?海外向けSEOに最適なドメイン、サブドメイン、サブディレクトリの構造と注意事項などを解説します。

stop

【ダメ!ゼッタイ】WordPressの多言語化で使っては行けないプラグイン

WordPressのWEBサイトを多言語化する際に絶対に使ってはいけない有名なプラグインがあります。当ページではその多言語化プラグインをその理由と共に解説しています。

WordPressのプラグイン比較

タイプ別に解説!WordPressを多言語にするプラグイン10選

運営しているWEBサイトの多言語化をお考えですか?WordPressはプラグインを使うことでWEBサイトを簡単に多言語化することができます。しかし、プラグインといっても種類が豊富で、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね?そこで、このページではWordPressを多言語化できるプラグイン10選を比較してみました。

繁体字中国語

繁体字-中国語WEBサイトに最適なfont-familyとは?書き方まとめ2019年版

【2019年版】台湾を代表的するグローバル企業が繁体字‐中国語WEBサイトでbody要素に対して設定しているfont-familyをまとめてみました。