WEBサイトを人力翻訳で多言語化するSpoke(WordPress版)のセットアップ手順

WEBサイトを36言語に人力翻訳で多言語化するSpokeのWordPress版のセットアップ手順です。

動画

導入ノーカット動画!わずか3分で簡単導入編&AI翻訳編

Webサイトを36言語に多言語化する「Spoke」 プラグイン3つで簡単導入編&翻訳編 from huddle inc. on Vimeo.

動作確認済みの環境

1. /wp-json が出力されている事の確認

YOUR_DOMAIN.COM/wp-json にアクセスして、jsonが出力されていることを確認してください。

もし出力されていない場合は、 正しい .htaccess が存在していることを確認してください。

2. Apacheモジュール版PHPかCGI版PHPの確認

現在稼働しているPHPを phpinfo(); でご確認ください。

 

  • Server API : Apache 2.0 Handlerなど => Apacheのモジュール版PHP
  • Server API : FPM/FastCGIなど上記以外 => CGI版PHP

Apacheのモジュール版の場合は特に設定は必要ないため、次の3にお進みください。

CGI版PHPの場合は、Request Headerが正しく取得できないため、下記の設定を .htaccess に追加してください。

以下の5行を # BEGIN WordPressよりも上部 に追加してください。

<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP:Authorization} ^(.*)
RewriteRule .* - [e=HTTP_AUTHORIZATION:%1]
</IfModule>

(追加後の例)

# Authorization
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteCond %{HTTP:Authorization} ^(.*)
RewriteRule .* - [e=HTTP_AUTHORIZATION:%1]
</IfModule>

# BEGIN WordPress
<IfModule mod_rewrite.c>
RewriteEngine On
RewriteBase /
RewriteRule ^index.php$ - [L]
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-f
RewriteCond %{REQUEST_FILENAME} !-d
RewriteRule . /index.php [L]
</IfModule>

# END WordPress

3. Bogo プラグインインストール

BogoをWordPressの管理画面からインストールしてください。

4. OAuth1 プラグインインストール

  • 管理画面「プラグイン」の「新規追加」へ進み、”OAuth1″ で検索。
  • “WordPress REST API – OAuth 1.0a Server”(作者 WP REST API Team)を選択してインストール。
  • インストール後有効化してください
  • プラグインURL: https://wordpress.org/plugins/rest-api-oauth1/

5. WP REST API Meta Endpointsプラグインのインストール

  • 管理画面「プラグイン」の「新規追加」へ進み、”WP REST API meta endpoints” で検索。
  • “WP REST API meta endpoints”(作者 WP REST API Team)を選択してインストール。
  • インストール後有効化してください
  • プラグインURL: https://wordpress.org/plugins/rest-api-meta-endpoints/

6. Client key / Client secretの生成

WordPressの管理画面へ進みます。

  • 「ユーザー」内の「Applications」をクリック
  • “Add New”ボタンをクリック
  • 以下のように入力して、”Add Consumer”をクリック
  • Consumer Name : Spoke (自由に付けてください)
  • Description : Connect to Spoke (自由に入力してください)
  • Callback : https://app.spoke.cloud/oauth/callback
  • Client Key と Client Secret が生成される

この”Client Key”と”Client Secret”をSpoke登録の際に使用。

7. WordPress functions.phpへの設定追加

[WP_ROOT]/wp-content/themes/[YOUR_THEME]/functions.php に以下の設定内容をそのまま追加します。

Bogoのpostmetaを許可

Bogoプラグインの生成するpostmetaの出力・入力を許可するための設定です。

add_filter('is_protected_meta', 'allow_bogo_postmeta', 10, 2);
function allow_bogo_postmeta($protected, $meta_key) {
	if ($meta_key == '_locale' || $meta_key == '_original_post') {
		$protected = false;
	}
	return $protected;
}